2004年11月04日

会社の危機を救うために“自家発電”にがんばる男性社員

なかなか景気回復しないなか、倒産の危機に瀕する会社も多い。そんな中、ルーマニアのある自動車メーカーが、会社の危機を救うべく“自家発電”に頑張っているらしい。といっても、電気代を節約するために、みんなでペダルをこいで発電機を回しているという話ではない。

禁欲して“一発32ドル” - 倒産寸前の会社を救うために《けなげさ7》 【なんでも評点】

なんと、彼らが考え出した会社救済方法とは、工場の近くの精子バンクに自分達の精液を売ることだという。その精子バンクでは、1発あたり32ドルで買い取ってくれるそうで、1000人の男性社員が2〜3ヶ月にわたり定期的に精子を提供すると、負債返済の目処が立つらしい。

こうなると、あながち、精液も捨てたものじゃないな。

---
ところで、ちょっと興味をもって調べてみたら、日本の某精子バンクでは、「一度の精子取り出しにつき、報酬として3万円」支払ってくれるそうだ(この精子の“取り出し”という表現がなんともおかしい)。上の記事の約10倍の値段がついている。ちょっと驚いた。

でも、素朴な疑問として、同じ男の精子を、何回も買ってくれるんだろうか? 精液にだって、人気・不人気があるだろうし、たいした取り得のない一般庶民のは、何回も買い上げてくれないのでは??
posted by LittleBoy at 21:13| Comment(0) | TrackBack(1) | 世界「下ネタ」ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/961491

この記事へのトラックバック

禁欲して“一発32ドル” - 倒産寸前の会社を救うために《けなげさ7》
Excerpt: トラックバック&リンクありがとうございます。TB返しさせていただきます。
Weblog: なんでも評点
Tracked: 2004-11-05 00:26
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。