2004年10月29日

コンドームは騒動のタネ?

日本においても、学校における性教育において、実物のコンドームを使うことが是か非か議論の分かれるところだが、お隣韓国でも事情は似たようなものらしい。

高校性教育祭典の‘コンドーム風船づくり’で論議」 【中央日報】

韓国のとある高校で催された性教育祭典(?!)において、生徒らがコンドームで風船を膨らますゲームをしたことが発覚。行政サイドが調査に乗り出す騒動となっているらしい。

主催者側は「コンドームに対する漠然とした拒否感を払拭させようと考えて準備した行事だった」と述べているのだが。

ところが、これが中国ともなると騒ぎはもっと違った形になる。

世界日報が10月22日付けの記事で伝えたところによると、中国の重慶大学で開かれた公開ゼミにおいて、講師が模型をつかって、コンドームの装着方法を説明しようとしたところ、参加していた女子学生5人全員が驚いて教室から出て行くという騒ぎがあったらしい。

大学生ニいうからには、20歳前後だろう。日本じゃ、その歳では、ちんちんの模型を見て、笑い出しこそすれ、逃げ出すようなウブな女の子は、もはや天然記念物モノだろう。お国事情様々といったところか。
posted by LittleBoy at 22:31| Comment(0) | TrackBack(0) |  トピックス:コンドーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。