2005年05月12日

売春業者のWebサイト制作はダメ

フーゾクで遊ぶなら、やはり自分の好みにあった可愛い子にお相手をしてもらいたいもの。しかし、かつては、実際にお店に出向くまでは、どんな子がいるか判らず何度か通って馴染みを見つけるしかなかったものだ。

ところが、最近は殆どの店がWebサイトを持っていて、在籍している女の子の写真なども掲載されていたりする。とても便利になったものだ。

Webサイト制作業者でも、フーゾク店のサイト作りが得意というとこもあるだろう。だが、気をつけないと警察のご厄介になることもある。

売春クラブHP、制作者ら逮捕…仲介手助けの疑い」 【読売新聞】

東京都新宿区で広告代理店の社長とその女性従業員が逮捕された。容疑は、売春周旋ほう助。

ふたりは、フーゾク店が違法な売春クラブと知りながら、不特定の客がネットを通じて予約できるような機能をもつ同クラブのWebサイトを制作したことで、売春クラブ経営者らによる売春の仲介をほう助した疑いがもたれている。

---
以前は、印刷屋さんが売春クラブと知りながらチラシの印刷を請け負ったとして、この罪に問われることがありました。この世界もIT化の波が押し寄せているようです。
posted by LittleBoy at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 世界「下ネタ」ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。