2005年05月09日

11万3000人のおっぱいが萎む

まだまだ日本では巨乳ブームが続いているようだが、アメリカでは、逆におっぱいを小さくする女性が増えているらしい。

今年だけで11万3千人以上の巨乳女性が巨乳を放棄 ― 米国の縮胸手術事情」 【なんでも評点】

米国では、豊胸手術の件数が増える一方で、その逆の効果をもたらす“縮胸手術”の件数も増えつつある。本年度中に縮胸手術を受ける女性の数は11万3千人を超える見込み。昨年度と比べて11パーセントの増加だという。


---
なんとももったいないことです。
仮に、一人の女性が小さくする容量を片乳あたり200cc、両方で400ccと仮定すると、11万3000人分で、総計4520万ccものおっぱいがこの世から消えてなくなることになります。

4520万ccというのがどのぐらいかというと、直径約4.4メートル、高さ約2.2メートルの半球状のおっぱい1ペア分ということになります(※途中の計算を間違ってなければ)。
…って、かえってイメージが湧かないか?
posted by LittleBoy at 22:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 世界「下ネタ」ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/3534817

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。