2005年05月06日

最高額の種馬が性病に(韓国)

種牡馬は、セックスをして金をもらえるという同じ男(オス)としては、なんとも羨ましい職業(?)だ。もっとも、馬自身はどう思っているか判らないが。

しかし、タネ付けのプロとしては、健康管理はしっかりしないといけない。

米国から輸入された29億ウォンの馬、性病に感染」 【朝鮮日報】
29億ウォンの種馬が性病…雌馬5頭に感染」 【中央日報】

韓国競馬史上最高額の29億ウォン(約3億円)で、米国から輸入された種馬に性病の症状が現れている。

問題の馬は、今年9歳のエクスフロイト号。専用放牧地はもちろん、専属管理者が配置され、高麗人参粉など最高級飼料が与えられるなど、特級待遇を受けている。

しかし、4月23日、生殖器疾患である陰部発疹症状に罹っていることが判明。これまでに交配した45頭の雌馬のうち5頭も、同じ病気に罹っていることが確認された。

韓国競馬を主催する馬事会は「頻繁な交配で体力が低下した状態で、雌馬からウイルスに感染したと考えられる」としている。

---
考えてみれば一種の乱交状態なわけで、それだけ性病が広がるリスクも高まるってことか?
posted by LittleBoy at 17:14| Comment(0) | TrackBack(1) | 世界「下ネタ」ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/3470178

この記事へのトラックバック

種牡馬
Excerpt: 種牡馬種牡馬(しゅぼば)とは繁殖用の牡馬のこと。サラブレッドやアングロアラブなど、競走馬として主に用いられる種の場合、競馬開催の根本に優秀な種を選別するという目的があることから、基本的に競走成績優秀馬..
Weblog: 『種牡馬』について
Tracked: 2005-05-09 19:38
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。