2005年03月28日

女王様が依存症治療

アルコール依存症や、麻薬中毒からどうしても抜けきれないで苦しんでいる人がいる。そういう人にとっての画期的な治療法が研究者から報告された。

『尻をムチで打つセラピー』が中毒患者に効果的と科学者が発表」 【AZOZ BLOG】

ロシアの科学者によると、酒や麻薬に溺れてしまうのは、人生に何の面白さも感じなくなってしまっているからであり、それは脳内ホルモンの一つである「エンドルフィン」の生産量が著しく減少してしまったことに原因があるからだという。

このエンドルフィンという物質は、別名「幸せのホルモン」と呼ばれる所謂脳内麻薬であり、肉体的痛みを感じると多く生産される。

そこで、中毒患者を「ムチで打つ」とエンドルフィンが増加し、病状が改善されるという。実際に被験者をつのり、1回につき60回、全30回で都合1800回、尻をムチで打ったところ、非常に効果があったという。

この科学者は、「硫黄と桃油をミックスした浣腸」まで製作しており、この浣腸をされると患者達は恐ろしいまでの痛みに苛まれることになるが、男女を問わず、痛みを乗り越えた後は以前よりも人生に前向きになることが明らかとなった。

この科学者は「私のことを人は『マゾヒスト』だと思うかもしれない。けれど決してそんなことはありません」と述べている。

---
いや、世間ではそういうのをマゾヒストといいます。キッパリ。

というわけで、どうしも酒をやめられないひとは、SMクラブで女王様の元に跪いてください。でも、アルコール依存が直っても、こんどはムチ打ち依存になりそうな気がしないでもないけど。












posted by LittleBoy at 23:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 世界「下ネタ」ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。