2005年02月22日

フランス携帯電話会社のCM

フランスの携帯電話のCMが、ちょっとエッチで面白い。

フランスCM


SFR commercial Film
” 【動画MPEG:Agenda Inc.】

友人カップルを送り出して、二人っきりになるや、互いの身体をまさぐりあう男女。服を脱がせあって、いよいよというところで電話のベルが。でも、無視して愛し合っていると、留守電が作動しはじめる。そのメッセージが・・・。

フランス語だけど、映像には、英語の字幕がついているし、言葉がわからなくても、なんとなく判ると思います。

一応、「続きを読む」に日本語訳を書いておきます。あまり上手な訳ではありませんが、とりあえず意味がわかればOKということで。
■日本語訳■

留守電 :「ピーという音の後にメッセージを吹き込んでください」

電話の声:「メディカルラボです。貴方の陰嚢金玉袋)に出来た“かさぶた”ですが、
      性器真菌症(いんきん)によるものの様です」

電話の声:「そう重大ではないですが、適切な処置をとるため、必ず、折り返し電話して
      ください。おやすみなさい」

ナレーション:「携帯電話があれば、個人的な電話は本当に個人的なものになります」
posted by LittleBoy at 19:02| Comment(0) | TrackBack(0) |  トピックス:その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。