2005年02月22日

ラッセル・クロウ、チン出し拒否で降板

ラッセル・クロウといえば、「グラディエーター」で見事にアカデミー主演男優賞を獲得したハリウッドの人気男優だが、彼の女性ファンは、せっかくのチャンスを失ったかもしれない。

CROWE: 'I WOULDN'T EXPOSE PENIS IN EUCALYPTUS'” 【ContantMusic.com】

ラッセル・クロウは、次回作「EUCALYPTUS」を突如降板した本当の理由を語った。それは、ちんちんを出すことを求められたからだという。

「若き日のエリザベス女王に、ちんちんを見せるシーンが追加されたことには、驚かされたよ」とクロウは語っている。

---
「必然性がないと脱がない」ということなんでしょうか?それとも、自身に自信が無かったとか・・・? そういや、「コリン・ファレルの息子がデビュー」という話もあったけど、どうだったんだろう? アレキサンダーは公開中だけど、3時間もの歴史劇を見に行くのは辛いなぁ。
posted by LittleBoy at 18:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 世界「下ネタ」ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/2084728

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。