2004年11月25日

放送禁止用語で、3億6千万円

大人になると、とんと聞かなくなるが受験勉強などをしている頃はよくお世話になったラジオ。とくに深夜の少しHな放送は、格好の楽しみだった。しかし、それも度が過ぎると大変なことになる。

わいせつ放送で過去最高の“罰金”…3億6千万円 」 【ZAKZAK】

メディア大手バイアコムは、同社が所有するラジオ局が放送した番組の中にわいせつな内容が含まれていたことを認め、連邦通信委員会(FCC)に350万ドル(約3億6000万円)を支払うことになったという。

FCCは、放送禁止用語を連発する「わいせつ」放送への規制を強化しており、議会もメディアに対する罰金最高額を引き上げる方向で議論を進めているという。

---
いったいどんな内容の番組だったんだろう? 米国ってメディアに規制は厳しいみたいだから、案外、たいした内容じゃないんだろうなぁ。

もし、鶴光のオールナイトニッポンがアメリカで放送されていたら、いったい幾ら罰金を取られたことやら(笑)。
posted by LittleBoy at 07:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 世界「下ネタ」ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/1119819

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。