2004年11月14日

コンドームを着る女

「ベネトンのいちばんちいさい服」、「ぜんぶ脱いだあとに着るベネトン」というのは、ベネトンがコンドームを発売したときのキャッチフレーズだが、本当にコンドームを“着て”しまったひとがいる。

Condom artist Adriana Bertini” 【DazeReader】

ブラジルのアーティスト、 Adriana Bertiniは、様々な色のコンドームから服と芸術作品を制作し、自身のWebサイト(http://www.adrianabertini.com.br/)で公開している。その一例がこちら。


【写真出典:DazeReader(前出の記事)】


彼女の作品は、世界中のWebで紹介されており、そのリンクも前出の記事で紹介されている。

---
見た目はすごく豪華だけれど、実物を近くでみると、すごくゴム臭そう…。
posted by LittleBoy at 12:33| Comment(1) | TrackBack(0) |  トピックス:コンドーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
おまけにブラジル製は、分厚い。
サイズは。。。。
Posted by Sao Paulo at 2004年11月14日 13:05
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/1033330

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。