2004年11月10日

コリン・ファレルの“ムスコ”、スクリーンデビューを果たす

コリン・ファレルといえば、映画「マイノリティ・レポート」では、ダニー役でドム・クルーズと共演し、最近では、5代目ジェームス・ボンドのピアース・ブロスナンから次のボンド役として推薦される(本人は引き受けるつもりはないと否定)など、何かと注目の男優だが、次回作では、彼の“ムスコ”がスクリーンデビューを果たすらしい。

Colin's manhood makes its screen debut” 【Ananova】

実は、このコリン・ファレルはデカチンだとの噂があった。といのも、公開時にはカットされたものの以前にも映画で、ちんちんを出したことがあり、その試写をみた人が、あまりの大きさに「ハッと息をのんだ(gasp)」と伝えられていたからだ。

次回作「アレキサンダー」では、初夜のシーンで、いよいよその噂のちんちんがスクリーンデビューを果たすことになった。

しかし、試写をみた人が語ったところによれが、彼のちんちんは、十分に立派だがハッと息を呑むほどはなかったとのこと。

はたしてどれ程のサイズか? 日本公開が待たれる。ただし、映倫でカットされなければの話だが。
posted by LittleBoy at 22:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 世界「下ネタ」ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/1008079

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。