2005年05月12日

売春業者のWebサイト制作はダメ

フーゾクで遊ぶなら、やはり自分の好みにあった可愛い子にお相手をしてもらいたいもの。しかし、かつては、実際にお店に出向くまでは、どんな子がいるか判らず何度か通って馴染みを見つけるしかなかったものだ。

ところが、最近は殆どの店がWebサイトを持っていて、在籍している女の子の写真なども掲載されていたりする。とても便利になったものだ。

Webサイト制作業者でも、フーゾク店のサイト作りが得意というとこもあるだろう。だが、気をつけないと警察のご厄介になることもある。

売春クラブHP、制作者ら逮捕…仲介手助けの疑い」 【読売新聞】

東京都新宿区で広告代理店の社長とその女性従業員が逮捕された。容疑は、売春周旋ほう助。

ふたりは、フーゾク店が違法な売春クラブと知りながら、不特定の客がネットを通じて予約できるような機能をもつ同クラブのWebサイトを制作したことで、売春クラブ経営者らによる売春の仲介をほう助した疑いがもたれている。

---
以前は、印刷屋さんが売春クラブと知りながらチラシの印刷を請け負ったとして、この罪に問われることがありました。この世界もIT化の波が押し寄せているようです。
posted by LittleBoy at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 世界「下ネタ」ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

お尻を噛んでくれなきゃ暴れちゃうから

夫婦喧嘩の結果、キレた妻が夫にモノを投げつけ夫が怪我をする……これだけなら、よくある話でニュースにもならない。しかし、その喧嘩の理由が変わっていると、こうして世界中の人々が知るところとなる。

尻を噛んでくれなかった夫にワイングラスを投げつける妻」 【AZOZ】

アメリカにするある夫婦が喧嘩をし、夫が妻が投げつけたワイングラスで怪我をするという事件がおきた。

休日の朝、夫は裏庭でいそいそと釣りに出掛ける準備をしていた。そこに妻がやってきたのだが、妻の方は何に欲情したのか、セクシーなダンスで夫を挑発。挙句に「ねぇ、あなた、私のヒップを噛んでぇ〜」と甘えてきたのだ。

このとき、二人が熱々ムードなら、夫も釣り竿を投げ捨てて、己の“竿”の方がスタンバイするんだろうが、釣りで頭がいっぱいの夫は、「何をバカなことやってんだよ」とばかりに妻の要求をはねつけてしまった。

だが、これがいけなかった。夫が部屋に戻ると「釣りなんか行かないワヨ!」との声と共にワイングラスが飛んできた。ワイングラスは見事に夫に命中、夫はケガで病院に運ばれる結果となってしまった。

---
世の中には色んなフェチがありますが、妻は「尻噛まれフェチ」だったんでしょうか?

2人の年齢が書かれてないのが、ちょっと残念。
posted by LittleBoy at 21:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 世界「下ネタ」ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。