2005年04月26日

処女売ります。

「援助交際」という名の少女売春が社会問題となって久しい。女の子の中には、自らの“処女”を高く売ったという者もいるかもしれない。しかし、いくら高く売ったといっても、せいぜい数万から十数万円程度ではなかろうか? 世界には、そんな額とは比べ物にならない破格の額が付くことがあるらしい。

処女を売り出したペルー人少女18歳 1億5千万円の申し出を断る」 【ABC振興会】

18歳のペルー人少女が、自らの処女を売ることを決意し、最も高値をつけた人に権利を与えると、新聞・テレビ・インターネットなどで告知した。

彼女の家は貧しく、病気で働けない母親と学校に通う15歳の弟を、彼女ひとりの収入で支えていたらしい。彼女は、女優やモデルの仕事をしているが、収入は一ヶ月に60ドル(約6,000円)がやっと。弟を学校に通わせ続けるためにも、お金がもっと必要だったのだ。

そこで彼女が考え付いたのが、自分の処女を売るということだったのだ。

この切実なる申し出に、カナダ人男性が応じた。男性がつけた値段は、なんと150万ドル(約1億5千万円)!

しかし、男性は単なる金持ちの好色野郎というわけではないようで、「彼女には処女をお金で売るようなことはして欲しくない」と言ったという。その言葉を受けて、彼女は男性の申し出を断り、処女を売ることをやめたという。

---
リンク先に彼女の写真がありますが、なかなかエキゾチックな感じの可愛い子です。日本に来て外人パブで働けば、そこそこ稼げるかも。

で、カナダ人男性ですが、もし彼女の決意が変わらず「それでも私の処女を買ってほしいの!」と求められたら、SEXしちゃってたんでしょうか?
posted by LittleBoy at 20:37| Comment(2) | TrackBack(0) | 世界「下ネタ」ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。