2005年04月20日

シリコンドールは電車男の夢を見るか?2

先日、〈ダッチワイフ風俗が密かなブーム〉になっているという話題を紹介したばかりだが、そのダッチワイフがめざましい進化を遂げつつあるらしい。

究極のセックス・ロボットを開発」 【Tokyo Fuku-blog】
セックスのときに息が荒くなるセックス・アンドロイド」 【海外ボツ!NEWS】

ドイツ人技術者が、これまでで最も精巧なセックス・ロボットを開発したと発表した。人形には人工の“心臓”が組み込まれており、行為中には心拍数が増加し、呼吸も激しくなる。さらに、体温も上がるが、脚は冷んやりしたままで、まるで人間の女性そのものだという。

このロボット「Andy」のベーシックモデルは4000ポンド(約80万円)。

---
ロボットと聞くと、最近は、アシモのように二足歩行で歩くものを想像しがちですが、さすがにこれはそういうものではなさそう。どちらかというと、テレビなどで時折紹介される、人工呼吸(心配蘇生法)の訓練用ロボットに似たようなもののようです。

で、こちらが、そのAndy。

アンディ

アメリカのReal Dollというのをベースにしているそうですが、顔の表情などは、日本の同様の物にくらべると少しオモチャっぽいですね。

Andyの紹介サイトはこちら。

Welcome to the world first female androids ANDY

こちらのページには、Andyの解剖図(?)も載っています。
posted by LittleBoy at 22:46| Comment(3) | TrackBack(1) | 世界「下ネタ」ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。