2005年02月03日

カエルに続き、銅像のちんちんが騒動を起こす。

昨日、「カエルのちんちん、世間を騒がせる」という話を紹介したばかりだが、こんどは銅像のちんちんが騒動の元となった。

男性像の股間の突起でリゾートタウンが大騒ぎ」 【Tokyo Fuku-blog】

カナダのリゾート地に男性の彫像が建てられたが、その像はなんと素っ裸。小さいながらも(?)ちんちんもばっちり表現されている。この像は公費で建てられたものだったことから、議会において撤去する/しないの投票が行われるまでの騒動になってしまた。結果、9月までは残すことに決まったものの、反対派によって像のちんちんはもぎ取られてしまったという。(痛たたた……)

◆関連記事◆
少年の銅像がモッコリ?
posted by LittleBoy at 22:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 世界「下ネタ」ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

デュレックス、バイブを発売

SEXに関する世界調査」でこのBlogにもお馴染みのデュレックス社が新しいビジネスを始めた。

コンドームの『デュレックス』がバイブレータを発売」 【Excite世界びっくりニュース】

これも、同社が毎年続けているSEX世界調査などのマーケティング調査の結果、欧米でバイブ使用者が増えているかららしい。

同社が開発した充電式3段変則「パーソナルマッサージャー」は、オンライン通販で販売され、慎重に梱包されて客のもとに届けられるという。

---
で、こちらがそのDurex社の英国サイト

バイブといっても日本のAVに登場するような生々しいのじゃなくて、見た目もおしゃれ。
2月9日(水曜)までに注文すると、バレンタインデーに間に合うそうだ(英国内の話だとおもうけど)。

売春合法のドイツ就職事情

相変わらずの不況続きの日本だが、ドイツも景気が芳しくなく東西ドイツ統一以来最高の失業率を記録しているのだとか。そんなドイツで職安に行くと、日本では考えられないような勤務先を紹介してくれるかもしれない。

セックス産業で失業対策? ドイツ人売春婦の提案」 【Excite世界びっくりニュース】

ドイツでは2001年に売春が合法化されており、売春婦も立派な労働者。ならば、公共の職安を通じて、売春婦の求人・求職があってもいいじゃないかと。

事実、求職者自身がセックス産業に興味ありとなれば、職安がそうした職場を紹介することもあるらしい。ただ、逆に本人が興味ありと言わない限りは積極的には勧めないという。

---
これ、日本なら?
風俗に興味ある女性なら、職安に行く前に、てぃんくるを見るんだろうなぁ。

◆関連記事
続・売春合法のドイツ就職事情
posted by LittleBoy at 06:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 世界「下ネタ」ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。