2005年02月14日

行列のできるラブホテル

今は知らないが、ラブホテルのエレベータは目的階に直行し途中の階でボタンが押されていても止まらないようにプログラミングされていたという。それは、客同士が狭いエレベータに乗り合わせて、気まずい思いをしないで済むようにとの配慮だったのだが、いまの若者には、そんな配慮はいらないらしい。

行列ができるラブホ? 並んでも入りたい、そのワケ…」 【ZAKZAK】

東京・南池袋に超人気のラブホがある。そのラブホは人気のあまり、週末ともなると、“ご休憩”から“ご宿泊”に切り替わる夜11時前には、“ご宿泊”希望のカップルで長蛇の列が出来るという。場合によっては入りきれない場合さえある。

人気の秘密は低料金と、設備の充実にあるらしい。

---
寒空の下、「ボクたち、これから一晩ハッスルしま〜す!」と仲良く手を繋いで、表に並んでいる様子は、オジサンたちには何とも理解しがたいが、考えれみれば、別に悪いことをするわけでもなく、微笑ましくもある(かな・・・?)。もっとも、制服姿の女子高生なんかが並んでいたら、ちょっとマズいが。

posted by LittleBoy at 21:57| Comment(0) | TrackBack(0) |  トピックス:その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月13日

官能的なバレンタインデーの為の11のアイデア

明日、2月14日はバレンタインデー。日本では女性が好きな男性にチョコを渡す日として定着し、このシーズンはどこのお菓子屋さんでもチョコレートの販売に躍起になっているが、海外に目を転じれば、大人の恋人達が互いの愛を確かめ合う日でもあるらしい。

決まったパートナーが居るのなら、今年のバレンタインデーは、チョコを使った官能的なプレーを楽しんでみるのも良いかもしれない。

11 Sensual Valentine's Day Ideas” 【AskMen.com】

長いので、ごく一部を紹介。詳しくは、上記リンクから原文を見てください(下の訳は、結構いい加減なのでご注意を)。

1.ベッドへ誘うバラの花びら
無駄遣いと思うかもしれないが、バラの花びらでいっぱいのペッドをみて感激しない女性はいない。バラの花びらで、ベッドへと続く道を作り、ベッドいっぱいにバラの花びらを撒き散らしておこう。

4.食べられるペイント
筆を使い、彼女の身体に、チョコレートで相手にしたいこと、してもらいたいことを書こう。あるいは、彼女に、なんて書いたかを当てさせるゲームもいい。彼女が間違えたら、5分間のフェラ。もし正解なら5分間のクンニという罰ゲーム付で。

6.彼女に目隠しをしよう
映画「ナイン・ハーフ」のように彼女に目隠し、食べさせよう。でもここでは目隠しをして、香り当てゲームをしてみよう。花やエッセンシャルオイルの他に、彼女へのプレゼントの香水も加えて。間違ったときの罰ゲームは、もちろん、オーラルセックス。

7.彼女を縛ろう
彼女の手をベッドの柱にスカーフで括りつけよう。スカーフはもちろん彼女へのプレゼントだ。

8.羽根を使おう
羽根を使って、彼女の全身をくすぐろう。最後は、アソコへの愛撫も忘れずに。

10.ペニスを浸そう
まだペニスが柔らかいうちに、ペニスを、冷えると固まるチョコレートシロップで覆っておこう(その前に、ペニスを冷やさないといけないかもしれない)。そして、そのチョコで覆われたものを彼女にプレゼントしよう。

---
この通り実行して、ロマンチックな気分に浸れるか、彼女が引いてしまって変態扱いされるかは、大きな賭けです(笑)。



posted by LittleBoy at 14:57| Comment(1) | TrackBack(0) |  トピックス:その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月12日

全裸カラオケは開催されるか?

某アダルトビデオメーカーの人気シリーズに、様々なことを全裸で行う「全裸○○」というシリーズがあるが、コネチカットのバーでは、全裸カラオケパーティが実現するかもしれない。

Bar Wins Right To Hold 'Naked Karaoke Night'” 【WRAL.com】
Connecticut bar to make good on 'Naked Karaoke'” 【USA Today】

ことの起こりは、ちょっとした冗談だった。あるカラオケバーのオーナーが全裸カラオケパーティという企画を考え、偽のチラシまで作った。

ところが、そのことが問題となり、オーナーは逮捕されそうに。そこで共同経営者でもある弁護士が裁判所に訴えて、このほど勝利判決を勝ち取ったという。

パーティはこの土曜日(ということは今日?)開催されることになり、120人の申し込みがあったという。果たして、何人が実際に参加されるかは不明だ。


posted by LittleBoy at 22:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 世界「下ネタ」ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ハリウッド俳優、偽ちんこで捕まる

ちんちんBlogとしては、取り合えざるをえないようなニュースが、お馴染み「Excite世界びっくりニュース」に掲載された。

ハリウッド俳優 偽ペニスで尿検査を試みて刑務所入り」 【Excite世界びっくりニュース】

映画「プライベート・ライアン」の軍曹役などで有名な俳優トム・サイズモア(43)が、薬物検査の際、パンツに縫いつけらた偽ちんこを使って尿検査をごまかそうとしたことが発覚、拘置された。

---
というわけで、その偽ちんこの通販サイトを見つけました(今回は元記事中に商品名まで書いてあったので、簡単に見つかりました)。

The Original Whizzinater

肌の色に合わせて5通りのカラーから選べるそうで、1個150ドル(約16,000円)。乾燥小便(!)が、1パック12ドル(約1,300円)。

これで罪を免れれば安いんでしょうが、失敗したら元も子もないですな。
posted by LittleBoy at 20:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 世界「下ネタ」ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月11日

7億7000万円のヌード

女優がヌード写真集を出すと、その契約金が印税の額を推測して、「1億円ヌード」などと表現する場合があるが、こちらは正真正銘8億円弱の値がついたヌードの話。

ケイト・モスの裸婦画、7億7000万円で落札!」 【世界ボツ!NEWS】
Portrait of Kate Moss Sold for $7.29M ” 【Palm Beach Post】

スーパーモデル、ケイト・モスをモデルとして描かれた裸婦像がオークションに掛けられ、729万ドル(約7億7000万円)で落札された。描いた画家は、精神分析の始祖、フロイトの孫にあたる。

---
というわけで、高値で落札されてもモデルとなったケイト・モスの懐に入るわけでもないし、高値の理由がモデルなのか、画家なのかはっきりしませんね。ただ、言えるのは、この絵を“おかず”にしてオナニーをしたら、きっと世界最高額の“おかず”だろうということ(笑)。絵を見る限り、かなり想像力をたくましくしないと無理そうですが……。

で、こちらが、そのケイト・モスが妊娠中にパパラッチされた写真。ご参考までに。
毛糸燃す?
posted by LittleBoy at 23:50| Comment(0) | TrackBack(0) |  トピックス:ヌード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

続・危険なカンチョウはワインの香り

先日の「危険なカンチョウはワインの香り」に続報があった。過失致死の容疑を掛けられた妻が、浣腸をしたのは夫自身と容疑を否認しているという。

Widow denies role in alcohol enema”【HoustonChronicle】
『夫は浣腸中毒』シェリー酒浣腸で夫を殺害の妻 容疑を否認」 【Excite世界びっくりニュース】

過失の容疑を掛けられている妻の証言では、夫は子供ころから母親にしょっちゅう浣腸されており、浣腸依存になっていて、シェリー酒も夫が自分で浣腸したと主張している。

---
はたして、3リットルもの酒を自分で自分の肛門に注入できるかだろうか? 漠然と浣腸と聞いたとき、注射器型の浣腸器を想像してそう疑問におもったが、ヒューストンクロニクル紙のWebサイトに掲載されている「ワーナー(容疑者)家提供による」とのキャプションのついた写真をみて疑問は解決。吊り下げ型(?)のやら、注射器型の先に長いパイプを繋いだりしたものが写っている。これなら、自分でも出来そうだ。
posted by LittleBoy at 23:18| Comment(0) | TrackBack(1) | 世界「下ネタ」ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

タマらない話

お笑いタレント・爆笑問題の田中裕二や、ネプチューンのホリケンこと堀内健は、共に腫瘍が原因で片方の睾丸を摘出したことが話題となった。ちなみに田中が摘出したのは左で、ホリケンは右。二人のを合わせるとうまい具合にペアとなる。

テレビでは明るく笑いを取っている二人だが、医師から睾丸摘出の話を切り出されたときは、やはりショックだっただろう。普段見せて歩くところではないものの(見せて歩いたら捕まるに違いない)、いわば“シンボル”的な部分であって、それを失うのは、乳がんで女性が乳房を失うショックと多少通じるところがあるかもしれない。

それでも二人は、医師からの説明を受けて覚悟を決めてのことだろうからいいが、こんなことで金玉を失うことになったら堪らない。

元彼にセックスを拒まれ睾丸を引きちぎった女に禁固2年半」 【Excite世界びっくりニュース】

イギリス・リバプール郊外に住む24歳の女性が、別れ話のもつれから喧嘩となり、元カレの左の金玉を引きちぎってしまった、という事件に判決がおりた。結果は、禁固2年半だという。

---
このニュース、目をひくだけに既に多くのトラックバックがついているが、幾人かの男性と思しきブロガーたちは、わが身に起きたことを想像して「想像するのも恐ろしい」とか「恐ろしいニュース」と書いている一方で、「ひきちぎれるんだ。しらなかった・・・」とあっさり納得している女性がいたりして、トラックバックを読んでいる方が面白いです。
posted by LittleBoy at 22:49| Comment(1) | TrackBack(1) | 世界「下ネタ」ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月10日

深く愛して、喉の奥で愛して

ある調査によれば、77%の女性は、セックスの際にオーラルセックスをするという。特に、20歳未満に限れば、その割合は90%にもなる。

オーラルセックスの『普通の行為』化でクラミジア咽頭感染が増えている」【日経MedWave】

すっかり市民権を得たオーラルセックス(早い話がフェラチオ)だが、三十数年前までは、フェラチオはそれほど一般的ではなかった。フェラチオがここまで一般的になったのは、ある映画がキッカケといわれている。

その映画の名は「ディープ・スロート」。1972年に公開され、世界に衝撃を与えた伝説のポルノ映画だ。その映画が、実に33年ぶりに再上映されるという。

Deep Throat makes a comeback” 【The Sydney Morning Herald】
Deep Throat, back on a screen near you” 【Guardian】

「ディープスロート」は、ある不感症の女性が病院で診察してもらうと、なんと、この女性はクリトリスが喉の奥にあることがわかる。以来、女性は、次々と男性を“くわえ込んで”騒動が起きる……、というポルノ映画。主演のリンダ・ラブレイスはこの映画で一躍有名になった。

そのリンダのことを描いたドキュメンタリー映画「インサイド・ディープ・スロート」という映画が今年公開されるのにあわせて、オリジナルの「ディープ・スロート」も再上映されることになったという。

伝説のポルノといっても30年以上も前の映画。いかに直接的な表現を避けて、男女の行為を表現するかに苦心のあとが見られ、今見ると、エッチというより面白いという感じ(もともと、コメディタッチでもある)。

すでにDVD化されているので、この機会に古いポルノを見直すのも楽しいかもしれない。
posted by LittleBoy at 00:05| Comment(0) | TrackBack(1) | 世界「下ネタ」ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月09日

パンツを見せたら罰金5,000円

最近のローライズ・ジーンズは、しゃがんだり、座ったりすると、すぐ背中の方からパンツが覗いて見えてしまう。ときにはお尻の割れ目まで覗けるくらい大胆に露出していたりして、ドキマギしつつも、つい見入ってしまうことも・・・

しかし、アメリカ・バージニア州ではこうした光景が見られなくなるかもしれない。

『ずり下げズボン』に罰金50ドル、米バージニア州法案」 【CNN】

この程、バージニア州議会下院において、ズボンをずり下げて下着を見せた場合、罰金50ドルを科すという法案が可決され、上院へと送られた。こうした行為は、みだらで下品な行為であり、下着を見せ付けられた市民が気分を害していると、法案に賛成した議員は主張している。

というわけで、法案の趣旨は冒頭に挙げたようなローライズの話というよりは、ヒップ・ホップ系(?)の若者がズボンをずり下げて穿いて、パンツのウエスト回りをわざと露出していることを取り締まることにあるようだが、両者の区別は結構微妙な気がしないでもない。

もし上院でも可決して取り締まるなら、男限定にしてもらいたいものだ。
(もっとも、私がバージニア州に行くこともないだろうから、どうでもいいと言えば、どうでもいいことだが…)
posted by LittleBoy at 22:13| Comment(1) | TrackBack(1) | 世界「下ネタ」ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月08日

デカイにも程がある

ちんちんを大きくしたい!」というのは、洋の東西、時代を問わず多くの男が密かに(あるいは、明らかに)抱いている夢だろう。男性向け週刊誌には、よく「増大法」なる広告が出ているし、海外から送られてくるSPAMメールの何割かは、“PENIS ENLARGEMENT PILL(ちんちんを大きくする薬)”の広告であることが、そのことを物語っている。

だからといって、ここまでするのは、やり過ぎではないだろうか?

SILICONE FREAK ※18歳未満クリック禁止

タイトルを見て想像がつくとおり、ちんちんにシリコンを注入してでかくした男達のサイトです。夢に出そうな強烈な写真満載。でも、モロなので、18歳未満の方は見ないでください。

「大は小を兼ねる」という諺があるが、あれはウソだ。こんなにデカイと小を兼ねない(笑)。
posted by LittleBoy at 23:29| Comment(0) | TrackBack(0) |  トピックス:ちんちん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月07日

太いことはいいことだ

「太った豚より、痩せたソクラテス」という言葉あるが、夜のベッドのお供には、少々太めの女性の方がいいらしい。

セックスパートナーには太めがいい!?」 【夕刊フジBlog】

ロンドンのある高名な医師が、ロンドン大学でのスピーチで語ったところによると、「女性の余剰な体脂肪が、エンドルフィンなどの幸福感などを高めるホルモンの分泌を男の脳内で増やすことが明らかになった」という。

太めの女性とのセックスは、健康維持に効果があり、反対に痩せすぎの女性相手では、性欲減退などの傾向が見られた。

医師は、さらに「フランス人のファッションモデルを抱いても幸福感は得られない」とまでつけ加えたため、「痩せ型女性の名誉を著しく傷つけた」とフランスのモデルクラブは大激怒だとか…。

別の記事では、太めの女性とのセックスでは精子の量が多くなるという話も紹介されている。

精子の量は不信感に比例?」 【Let's talk about SEX】

この記事によると、パートナーの体重が重いとそれだけ繁殖能力が高いだろうとの推測から、精子の放出量が増えるのだという。

---
言われてみれば、太めの女性の方が子だくさんの印象がある。ひょっとすると、これもエンドルフィンの分泌量は精子の量と関係がある?
posted by LittleBoy at 23:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 世界「下ネタ」ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

お尻に入って、さぁ大変!

お尻からワインを飲みすぎで亡くなった人がいると思えば、新しい悦楽を追求するあまりお尻の穴にとんでもないものを突っ込んでしまったカップルもいる。

Sex games end with electric toothbrush in young man's rectum” 【RUSSIA MAKES IT FUNNY】

モスクワのレスキューセンターに可笑しくも奇妙な電話が掛かってきた。電話を掛けてきた25歳の青年。彼が恥ずかしそうに説明したところによると、彼女に、肛門に電動歯ブラシを押しこまれたという。しかも歯ブラシはスイッチが入ったまま。

このカップル、今までに経験したことのない新しい快感を得ようと、電動歯ブラシをバイブレーターがわりに使うことを思いついた。そして彼女の方が、彼氏のお尻の穴に入れていったのだが、潤滑ローションを付けすぎたのか、すっぽりお尻の中に入ってしまったという。

二人は病院に駆けつけたものの、取り出す道具がないと病院側が対応を拒否。困ってレスキューセンターに電話してきたのだ。

しかし、レスキューが病院に駆けつけたときには、この不幸な男とアイデア豊富な女の子のカップルは姿を消していた。自分たちで解決する方法を見つけることにしたらしい。

なお、レスキューに電話してきたとき、男の声は震えていたという。

---
無事取り出したとして、その歯ブラシは歯磨きに使うのだろうか?
posted by LittleBoy at 21:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 世界「下ネタ」ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月06日

続・売春合法のドイツ就職事情

先日、ドイツの公的な職業安定所では、風俗産業への職業斡旋の可能性もあることを紹介したが、さらに詳しい別の記事がみつかった。

'If you don't take a job as a prostitute, we can stop your benefits'” 【Telegraph newspaper online】

失業中のIT技術者の女性は、夜のバーでの仕事でも構わないと求職者データベースに登録していた。そんな彼女のもとに、職安から「あなたのプロフィールに興味を持っている雇い主がいる」との連絡が入った。そこで、彼女が電話してみると、なんと相手は売春宿だった。

2年前に売春が合法化されたドイツでは、売春宿の経営者もちゃんと税金や従業員保険を負担しており、公的な求職者データベースへアクセスすることを制限されていない。

政府は道徳上の理由から、売春宿を例外にしようと試みたが、通常のバーと区別をつけることができず断念したという。

---
合法といわれても、誰でもがすぐに飛び込める業界じゃないですよね。
posted by LittleBoy at 16:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 世界「下ネタ」ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

私の○○に広告を載せませんか?

一山当てた奴がいると、柳の下のドジョウを目指してマネする人が出てくるのは洋の東西を問わず同じ。また、そういうバイタリティが無ければ、ゴールドラッシュもなく、アメリカの西部開拓も行われなかったかもしれない。

というわけで、おでこに広告を載せて一儲けした兄ちゃんや、胸の谷間への広告掲載権で注目を集めた姉ちゃんが居るとなると、続々と似たような権利がオークションに出品されるようになった。

おでこ広告は、数え切れないほどだし、胸の谷間広告も何人かが出品している。だが、現時点ではどれも入札数=0で低調なようだ(スタート価格の違いは、うぬぼれ度合いの指標か?)。

Your Advertise on my Cleavage
Advertise on my cleavage for 14 days (2 weeks)
Advertise on my 36D Chest for 45 days in Chicago
ADVERTISE HERE! CHEST SPACE AVAILABLE NO RESERVE
【いずれもeBayから】

やはり他人とまったく同じことをしていてはウケない。中には、こんな女性も……。

妊婦、ふくらんだおなかをオークションに」 【Tokyo Fuku-Blog】
Advertise on my Pregnant Belly!!! Atlanta area!!!” 【eBay】

こちらは好評(?)で、スタート価格:99ドルが280ドルにまで競りあがっている(それでも、約3万円弱ですが)。

で、妊婦のお腹がOKなら、妊婦並に大きなお腹もOKだろうと思ったのか、こんな出品も。

ADVERTISE YOUR COMPANY/DOMAIN/LOGO ON MY HUGE BELLY!” 【eBay】

こちらには、既になんと3,650ドル(約38万円!)もの高値を呼んでいる。たしかに、妊婦のお腹より、こっち(太っちょの男性のたいこ腹)の方がシャレになりそうな感じだ。

さらには、お腹の外側ばかりじゃなく、内側にも!

◆「腸」に広告を入れる権利売ります。 【エルエル】

マジメな気持ちでエントリしているようだが、ここまで来るとちょっとグロいかも。

他にも、胸毛の生えたセクシーな胸板とか、ストリーキングをする男子学生5人組とか、お尻でもおっぱいでも顔でもどこでもOKよという女性とか、実に様々な部位が広告媒体として出品されている。

わが「ちんちんBlog」的には、「私のちんちんに広告載せます」というオチが欲しかったのだが、残念ながら、今のところ見当たらなかった。やはり出品は無理なのかな?
posted by LittleBoy at 15:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 世界「下ネタ」ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

やっぱり「犬」が好き

セックスの体位といえば、正上位やら騎乗位やらと共に所謂バックというのが割と一般的だろう。バックはそのスタイルから英語では、Doggie Style(日本語に訳せば、差し詰め「わんわん」スタイルってところか)という。

しかし、如何にDoggie Styleが好きだからといって、本物のイヌを愛してはいけない。

Hubby does it doggy style” 【News24.com】

妻に愛犬とベッドで熱い抱擁を交わしているところを目撃された夫が話題となっている。

事件がおきたのはカンボジアで、奇妙な三角関係となったのは、24歳の夫と20歳の妻、それにペットの2歳の雑種犬。夫婦は新婚だということだが、犬とのベッドインを目撃されたあと、夫の方は「彼女よりイヌの方を愛している」と語った。

妻は警察に通報したもの、イヌとの行為を不法とする法律がないため、警察でも取締りようがなかったとか。

結局二人は離婚し、夫の方が実家に戻った。その時、イヌが一緒だったかは定かでない。

---
よほど具合が良かったんだろうなぁ・・・

posted by LittleBoy at 12:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 世界「下ネタ」ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Hotな男たちのHotすぎた写真撮影会

従来は男の職業と考えられていたような職業にも、女性の進出がめざましい。女性消防官もその一つだろうが、消火の現場はまだまだ男の職場のようだ。そんな男くさい職場だと、つい羽目を外してしまうこともある。

消防署にストリッパー呼び、撮影会、隊員5人を処分」 【CNN】

米国フロリダ州タンパにある消防署で、出張ストリッパー2人をよんで写真撮影会をしたという。もちろんヌードで、消防車や防火服などをモチーフに使って撮影した。これが、どういうワケか(撮影した本人が公開した?)、インターネットにも流れでてしまった。

というワケで、その画像がないか調べてみた。残念ながら、すぐには見つからなかったが、このニュースを伝える地元メディアのサイトが見つかった(動画付)。

Firefighters pressured to cover for Captain in porno shoot” 【Tampa Bay's 10News】

問題の写真の一部とみられる小さな写真が添えられいるが、ビキニの水着をつけた女性が消防車をバックに放水銃を構えているもので、ヌードではない。残念!


posted by LittleBoy at 11:26| Comment(0) | TrackBack(1) | 世界「下ネタ」ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月05日

着飾ったあとはコンドームを忘れずに

2月4日から8日までの間、南米ブラジルでは、かの有名なリオのカーニバルが開催される。街中が熱狂するお祭り騒ぎのなか、人と人とのスキンシップの機会も増えるという。そんなブラジルで今、ひとつのキャンペーンが展開されている。

Brazil's carnival introduces new costume - condom” 【The Star】

ブラジルの保健大臣は、1,150万個ものコンドームをブラジル全土に無料配布することを計画している。もちろん、エイズをはじめとする性行為感染症が広がるのを防止するためだ。スローガンは「着飾ったら、いつもコンドームを身に付けて」。

このキャンペーンは、テレビCMも作られ、人気のあるカーニバル歌手がサンバを歌いながらコンドームの使用を呼びかけている。その様子は、英国BBC NEWSのサイトで動画で紹介されている。

Brazil prepares for 'condom carnival' ”【BBC NEWS(動画)】

posted by LittleBoy at 17:05| Comment(0) | TrackBack(0) |  トピックス:コンドーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

危険なカンチョウはワインの香り

春ともなると、大学の新歓コンパで先輩に無理やり酒を飲まされて、あるいは、自分の限度を知らずに一気飲みを繰り返して、急性アルコール中毒で病院に担ぎ込まれる新入生が出る。時には死に至る怖い中毒だ。

だが、アルコールは何も口から摂取するとは限らない。

Wife accused of giving man lethal sherry enema” 【HoustonChronicle】
浣腸殺人事件」 【Excite世界びっくりニュース】

テキサスにすむ女性(42歳)が、58歳の夫に、1.5リットル瓶2本分ものシェリー酒を浣腸し死に至らしめたとして過失の罪に問われている。

この夫婦、何も怪しげなプレイに打ち興じていたわけではないらしい(ひょっとすると、多少はその気があったのかもしれないが)。喉を痛め、酒の飲めなくなった酒好きの夫のために行った行為だとか。

それにしても、3リットルは多すぎるだろう。結城彩雨じゃあるまいし。

アルコールは胃よりも腸で吸収される。したがって、直接、腸に入れた場合、口から飲むのより何倍も早く、多くのアルコールが吸収され、急性中毒を起こす危険性が高くなるらしい。

Beer or Wine Enemas” 【Enema Tips.com】

くれぐれもマネをしないように!

◆続報
続・危険なカンチョウはワインの香り
posted by LittleBoy at 13:54| Comment(0) | TrackBack(1) | 世界「下ネタ」ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

快楽オルガンは絶頂の響き

ジェーン・フォンダ主演の映画「バーバレラ」。この映画が公開されたのは1968年、今から37年も前のことだから、若い人たちにはあまり馴染みがないかもしれないが、昔はテレビの深夜映画などでも放送されたりして、オジサン世代にはちょっと懐かしい映画だ。

フランスのコミックを原作とするこの映画は、キュートな女性宇宙飛行士(諜報員?)が、宇宙の危機を救うべくマッド・サイエンティストと戦うという、コミカルでちょっとHなSFアドベンチャー。主人公・バーバレラを演じる主演のジェーン・フォンダのセクシーな衣装と、チープなセットは60年代テイスト満載といったところ。

そして、この映画を語る上で、もっと印象的なシーンがこれ、「快楽オルガン」


快楽オルガン
画像出典:DVD「バーバレラ(BARBARELLA)」(PDH-19)
(パラマウントホームエンタテインメントジャパン(株)より発売)


捕らえられたバーバレラが、快楽を与えるマシン「快楽オルガン」に入れられ歓喜責め(?)に合う。バーバレラがどうやってこの危機を脱するかは、映画を見てもらうとして、やっと本題。

なんと、この快楽オルガンにも相当する装置を実際に開発してしまったひとがいる。

Yeeeesss! It's the Orgasmatron ” 【ThisisLondon】
絶頂マシン『オーガズマトロン』開発される」 【Tokyo Fuku-Blog】

この装置、臀部に埋め込み脊髄に電気刺激を与えるものというので、残念ながら映画の装置とは大きく形態はことなるようだが、11人の被験者への実験では、10人が快楽を感じたという。

もともとは背中痛(腰痛?)を緩和する装置として研究されていたものらしい。

---
さて、改良されて一般に普及する日がくるのだろうか?
脊髄に電極を埋め込むって、結構リスキーな気がするが・・・

ちなみに、映画「バーバレラ」に登場するマッドサイエンティストの名前は「デュラン・デュラン」
posted by LittleBoy at 12:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 世界「下ネタ」ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月04日

おさわり男の妙な言い訳

アメリカ・ニュージャージー州で、14歳の女の子のベッドにもぐりこみ、女の子の身体を触ったとして訴えられた男が、何も覚えていないと裁判で主張し、話題となっている。

ベッドに横たわる少女の体を触った男、「僕は夢遊病で、記憶にございません」と主張 【AZOZ BLOG】

この33歳の男は、夜中、同棲中の女性の娘が寝るベッドにもぐりこみ、少女の服の中に手をいれて身体を触っていたという。しかし、公判では自分は子供の頃から夢遊病癖があり、少女の身体を触っていたときも記憶がないと主張した。

---
夢遊病といえば、以前、こんな話題もありましたね。

夢遊病SEX

なんとも不思議な(当人にとっては大変な)病気ですが、これを悪用して、病気でもないのに夢遊病のフリをして痴漢をしたりしないように。きっとバレますから。
posted by LittleBoy at 08:30| Comment(0) | TrackBack(1) | 世界「下ネタ」ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。