2005年02月21日

ちんちんの大きさと知性の関係

「オッパイの大きな女性は頭が悪い」というような俗説がある。これは根拠の無い俗説だろうと思っていたら、米国・テキサス州にあるベイル大学の教授が「巨乳の女性ほど知性は劣る」と主張しているらしい。

では、ふりかえってでは、男の場合、どうだろうか? ちんちんの大きさと頭の良し悪しは関係があるのだろうか?

Does Size Matter?” 【PervScan.com】

カナダ・トロント大学(University of Toronto)の学生新聞The Varsityが伝える、研究者の調査結果によると、平均的にみて、アフリカ系の男性のちんちんがもっとも大きく、ついで白人、もっとも小さいのアジア人という結果になった。

しかし研究者の一人、西オンタリオ大のJ.フィリップ・ラシュトン博士は、ちんちんが小さいことは、それほど悪いことではないかもしれないと言う。彼の研究では、知性と、ちんちんの大きさには逆の相関関係があるという。言い換えれば、賢ければ賢いほど、ちんちんが小さいということだ。

---
この説がどれほど正しいかは判らないけど、ちんちんの大きさでは何かとひけ目を感じる我々アジア人を勇気付けてくれる(?)ニュースではありませんか!

◆関連リンク◆
★巨乳の女性ほどIQは劣るは本当だった⇒調査報告」 【知識の泉 Haru'sトリビア】

◆追記◆
一部、加筆修正しました。

◆追記◆
コメント欄を閉鎖しました。
posted by LittleBoy at 21:22 | TrackBack(4) |  トピックス:ちんちん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月20日

前張り式パンティ

ローライズジーンズから覗かない新型デザインのパンティの話を紹介した際、いっそのこと身体に貼り付ける下着を開発したらいいと書いたが、すでに、それに近いものが発売されていた。

Anti-Panti

この「アンチ−パンティ」は、コットン製で、直径4インチ(約10センチ)の丸い形をしており、片面に接着剤がついているものらしい。

ただ、身体に貼り付けるんじゃなくて、ズボンの方に貼り付けて使用するようだ(身体の方に貼るのでは、接着剤がかぶれたりする心配があるもんね)。

デザイン(模様)も様々なものが用意されているようで、中にはイエス=キリストの顔らしきものが描かれたものまである。

ところで、この下着(と呼んでいいのか判らないが)、さっきも書いたようにズボンの方に貼り付けて使用する。その接着面は柄がプリントされていない方の面のようだ。ということは、イエス様のアンチ−パンティを使用すると、イエス様が直接、おま○こに密着することに!
おいおい、そんなことして大丈夫なのか?

価格は5枚入りで、10ドル(約1,000円)。
posted by LittleBoy at 14:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 世界「下ネタ」ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

乳首フェチのゴリラ

女性の乳房は、他の類人猿にみられない人類だけの特徴となっている。類人猿ではお尻がその役を担っていた性的アピールを、立って歩くようになったが故に、人類はおっぱいで行うようになったのだという。

そんな人間女性のおっぱいに興味を示したゴリラが訴訟の種となっている。

ゴリラに生胸を見せることを拒否して女性飼育係が解雇?」 【Excite世界びっくりニュース】
Gorilla Foundation rocked by breast display lawsuit” 【San Francisco Chronicle】

言葉(手話)を話すゴリラとして有名な“ココ”にオッパイを見せるよう強要され、それを拒否したことを理由に解雇されたとして、飼育を担当していた2人の女性が、ゴリラ財団を告訴した。

---
このココというゴリラ、てっきりスケベな雄ゴリラかと思いきや、実は33歳のメス。

訴えられているゴリラ財団の代表も女性で、ココと手話で意思疎通ができるその女性代表が、ココにオッパイを見せていたが、ココが見飽きたので、女性従業員にパイ見せを迫った(とココが要求した)らしい。

相手がメスゴリラとなれば、ちんちんBlog的には、「男性従業員にちんちんを見せるよう要求した」という方が面白かったんだけどなぁ(笑)。
posted by LittleBoy at 11:20| Comment(1) | TrackBack(3) | 世界「下ネタ」ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月19日

目指せ!世界SEXチャンピオン

昨年10月、ワルシャワで世界セックス選手権が開催された(もっとも、をセックス選手権というのは、日本の新聞社つけた勝手な名前のようだが)。今度は貴方がセックスチャンピオンに挑戦する番だ。

SEX CHAMPIONSHIPS 2005

セックスチャンピオンシップ

イギリスのコンドームメーカーがオープンした、フラッシュによるオンライン・ゲームサイトです。会員登録すれば、だれでも無料で遊べます。

自分のセックステクニックを駆使して、相手を“昇天”させるゲームのようなんですが、いまいち内容がよく判らないうえに、オンラインの対戦型で、世界中のメンバーに挑戦を申し入れてお手合わせ願わないといけないようで、語学力に難のある私では、とても楽しめそうにありません。

というわけで、どなたか、挑戦してみませんか? そして出来ればその様子をコメントかトラックバックで教えてもらえると、有難いのですが。

以上、ちんちんBlogからのお願いでした。
posted by LittleBoy at 18:25| Comment(0) | TrackBack(0) |  トピックス:その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

携帯電話の電波が精子に損傷

以前にもこのブログで、「ケータイをズボンのポケットに入れるとEDになる」という話題を紹介した。この話のネタ元は、タイの新聞記事を韓国紙が報じ、それを日本語に訳したものというもので、「電磁波が人体に蓄積」などという胡散臭い表現もあり、信憑性に疑問があったが、似たような話でもう少し信頼できそうなニュースがあった。

Mobile phone-like waves damage mice sperm” 【textually.org】

オーストリアの科学者による予備実験により、携帯電話が放出するのに近い周波数の電磁波が、マウスの精子のDNAに損傷を与える可能性があることがわかった。

一日12時間、7日間にわたってマウスに900MHzの電磁波が照射したところ、精子の運動性には問題がなかったが、DNAには統計的に重大なダメージがあったという。

携帯電話が生殖器官に与える影響については新しい調査分野であり、まだまだ議論がありそうだ。

---
こうした実験では、通常の使用では起こり得ないような状況を使って実験をしたりするため、この結果が即結論というわけではないものの、気になるひとは、携帯電話をズボンのポケットに入れるには控えた方がいいかもしれないですね。
posted by LittleBoy at 16:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 世界「下ネタ」ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

これならEDの心配なし?

以前、「ノートPCを使い続けると子供が出来なくなる?」という話があったが、これを使えば、そんな心配がなくなるかも。

敷くだけで熱を吸収『ノートパソコン冷却シート』」 【夕刊フジBlog】

エレコムから、「ノートパソコン冷却シート」が発売されている。シートの中に冷却ジェルが入っており、ノートパソコの下に敷くだけで、パソコンの熱を奪い放出してくれる。

posted by LittleBoy at 16:18| Comment(1) | TrackBack(0) |  トピックス:ED | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

シャラポワのおっぱいは掌サイズ?

東レ・パンパシフィックオープンで見事優勝を飾ったテニス界の妖精、マリア・シャラポワ。
シャラポワといえば、なんと言っても話題は“乳首ポッチン”。自然と彼女のバストに注目が集まるなか、写真誌・フライデーさんがやってくれました。

【発見!】シャラポワ『真っ赤なブラは88cm Bカップ☆』」 【Internet FRIDAY】
※有料サイトのため、非会員が参照できるのは見出しと、記事の書き出しのみ。

フライデーがシャラポワのブラについているタグの撮影に成功!そこに書かれていたブラのサイズはアメリカの「34B」。これは日本のブラサイズ表記に直すとB75だそうで、アンダーバストが約75センチ、トップが約88センチのBカップなんだとか。

さすがにスポーツ選手らしく、胸囲はあるものの、トップとアンダーの差は13センチ。身体の断面を単純な長方形だとモデル化すると、その厚みの差は、半分の6.5センチ。以外とおっぱい自体は小ぶりらしい。

あんまりデカイとラケット振るときに邪魔になるもんね(笑)。

◆追記
何を間違えたのか、トップとアンダーの差の引き算を間違えてました(^_^;
訂正して、内容を多少変更しました。

posted by LittleBoy at 12:34| Comment(0) | TrackBack(2) | 世界「下ネタ」ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ディナーは裸で

会社の接待など仕事絡みの食事は、どんなに美味しい料理でも食べた気がしないという人もいるだろう。反面、気の置けない友人や家族と、ビジネスマンとしての鎧・兜を脱いでの食事は楽しいものだ。

このレストランで食事をすれば、鎧兜どころか、服まで脱ぎ捨てて腹をわったオシャベリができるだろう。

ニューヨークのレストランで全裸ディナーはいかが?」 【Excite世界びっくりニュース】

ニューヨーク・マンハッタンにある、とあるレストランでは毎月1日「全裸ディナー」の日がもうけられており、好評を博している。(※「クロージング・オプショナル・ディナー」という表現もあるので、必ずしも、全裸になる必要はないらしい)

この全裸ディナーは、ひと気の無い保養地やビーチリゾートよりも上品でエレガントなところでヌードになりたいというニューヨーク在住のヌーディストたちの要望で始まった。

---
裸だからといって、エッチなことを考えてはいけない。時として、「ヌーディズム」と「フリーセックス」が混同されるようなことがあるが、海外のヌーディスト(最近は、ナチュリストという表現の方が一般的のようだ)のWebサイトをみると、老若男女を問わず、ごく自然に裸でいることを楽しんでいる様子がわかる。

考えてみれば、日本にも露天風呂などがあって、自然の中で裸でいることを楽しむ機会がある。裸でいることは、思いのほか気持ちのいいものだ。

裸=猥褻ではない。猥褻か猥褻でないかは、ようはその時の気持ちの持ちようだ。丁度、ヌード写真にアートもあれば、そうでないのもあるように。

※本記事の記事カテゴリも誤解がないよう「『下ネタ』ニュース」ではなく、「トピックス」にしておきます。



posted by LittleBoy at 11:45| Comment(0) | TrackBack(0) |  トピックス:その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月18日

ストリップは芸術だ!

日本のストリップの歴史を遡ると、1947(昭和22)年1月に東京新宿の帝都座というところで開かれた「ヴィーナスの誕生」というショーに行きつく。これは、舞台に設置された大きな額縁のなかで、上半身裸の女性が絵画のようなポーズをとって、じっとしているだけのものだった。当時は、モデルの女性が裸で動くと「風俗壊乱罪」に問われたという。

大きな額縁は、動けないという制約の中、これは“生きた絵画”という芸術であるという理由付けのための舞台装置であったわけだ。

なんとも時代を感じさせる話だが、そんな時代にもどったかのような話がアメリカから伝わってきた。

シャセイするならヌード上演もおとがめなし」 【なんでも評点】
これは芸術的必然性があるヌードです(笑)」 【海外ボツ!NEWS】
アメリカのストリップクラブで写生教室」 【Excite世界びっくりニュース】

アイダホ州では、全裸ストリップが法律で禁止されている。しかし、この法律には例外規定があり、芝居やダンス・パフォーマンス、美術教室といった「芸術的価値」があれば、公衆の前で全裸になっても構わないという。

そこに目をつけたあるクラブが、「アートナイト」と称して、客にスケッチブックを渡し全裸の女性モデルをスケッチするという企画をはじめたとろこ、大うけしているという。

いまのところ警察からのお咎めもないという。

---
このニュース、面白いので色んなところで取り上げられているが、なんといっても「なんでも評点」さんのところのタイトルが一番。思わずニヤリとさせられてしまいました。

ところで「芸術のためならヌードになっても構わない」というのは女優さんの常套句でもありますね。最近、言うひとは少なくなったけど。
posted by LittleBoy at 23:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 世界「下ネタ」ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

全裸男を捕まえろ

黒石寺蘇民祭では、ちんちん丸出しの男たちが参加していても、伝統行事ということでお咎めなしだが、通常、真夜中に素っ裸の男が街中をウロウロしていたら、警察に通報されるのがオチだ。

Police hunt late night nudists” 【Ananova】

モンテネグロのある街で、夜中に裸で街中をうろつく男たちが居ると、多数の通報が警察に寄せられた。マイナス15度という気温のなか素っ裸で、だいたいいつも2人ペアになって歩いているという。

男たちが何者かは判っておらず、警察では男たちを捕まえるべくパトロールを強化している。

地元では、サウナ上がりに、裸のまま寒いところに出ることが健康にいいと信じられており、そうした健康法を実践しているのか、はたまた、賭けに負けた酔っ払いか? と地元マスコミは推測している。

---
その健康法は、是非、女性に実践してもらいたいものだ。
posted by LittleBoy at 07:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 世界「下ネタ」ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月17日

歌うコンドーム

日々、世界中のちんちん絡みのニュースを集めている当ブログであるが、時として、わが目を疑うようなニュースがある。これもそんなニュースの一つだ。

その状況にあわせて音楽を奏でるコンドームが発明される」 【AZOZ】
The singing protective” 【The Sun】

ウクライナ人の発明家が、音楽を奏でるコンドームを開発したという。しかも、このコンドームには極小のセンサーが装備されていて、体位や盛り上がり状況など、SEXの状態に合わせて、曲は音量まで変わるという。

価格は通常のものの2割増しほどだという。

---
実は、私はTheSunの記事の方を先に見つけていた。しかし、いまいち内容が信じられず、どこか英文を読み違えているのだと思った。しかし、AZOZさんの日本語訳をよんで、やはり、コンドーム自身が音楽を奏でると知って驚いている。

音楽のなるグリーティングカードのように、封を切ると音楽が鳴るというのならまだ判るが、いったいあの薄いゴム製品のどこにセンサーやら音楽演奏チップを組み込むのだろう?よしんば組み込んだとして、加速度センサーでピストン運動の速さを感知して音楽を変えるくらいならまだしも、体位を感知するってどうやるの? バックでも正上位でもちんちんの動き自体は大差ないのでは?

そんな話はさておき。
もし、日本ならどんな音楽を組み込むだろうか? 
posted by LittleBoy at 23:51| Comment(2) | TrackBack(2) |  トピックス:コンドーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

縛っちゃダメだろ!

セルビアのデザイナーがちんちん用ネクタイを作ったという話があったが、もし締めるとしてもあまりきつく締めない方がよさそうだ。

尿意を我慢するため性器をひもでしばった男性、病院へ」 【Tokyo Fuku-Blog】

ルーマニアの男性が、おしっこを我慢しようとちんちんを紐で縛ったところ、あまりにもきつく縛りすぎて、病院にかつぎこまれる騒ぎとなった。ちんちんの損傷は激しく、治療には何ヶ月もかかるという。

---
そういや、コンドームを瞬間接着剤でちんちんに付けたのも、ルーマニア人だったなぁ。恐るべしルーマニア人のちんちん
posted by LittleBoy at 22:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 世界「下ネタ」ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

見えないパンティ

アメリカ・バージニア州において、ズボンをずり下げて履いてパンツを見せたら罰金という法律が議会で審議されているニュースがあった。詳しい法案は判らないが、適用されるのは、「パンツ(下着)を見せたら」ということらしい。

ならば、パンツを見えなくしてしまえばいいじゃないか!

Backless Lingerie: 股上の浅いジーンズを履いても露出しない新型パンティ」 【なんでも評点】

オーストラリア在住の44歳の女性が、新しい形のパンティを発明し自身のWebサイトで販売して話題を呼んでいる。そのパンティは、ローライズをはいても、背中側からパンティがはみ出さないよう、お尻の部分のストラップがなく、お尻の下側にストラップがくるようになっている。(上記、リンク先に着用写真あり)

---
みてると、なんかジーンズの中で脱げちゃいそうなデザインなんですが、大丈夫なんでしょうゥ?
いっそのこと、ストラップを無くして身体に貼り付ける下着を開発するとウケるかも。あ、それは下着じゃなくて“前貼り”かぁ(笑)。

◆関連リンク
パンツ見せファッションが法律で禁止&罰金?!」 【ABC振興会】
posted by LittleBoy at 06:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 世界「下ネタ」ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

韓国、ネット援交増える。

性売買特別法を施行し、売買春行為に対する取り締まりを強化している韓国だが、その反動なのか、青少年がネットを通じて相手を見つけるネット売買春がかえって増加しているという。

青少年買春が返って増加 特別取り締まり後」 【朝鮮日報】

先月5日から13日までの集中取り締まりの結果、379人を摘発された。これは昨年より94人も増えている。年齢別では17〜18歳が48%、15〜16歳が35%、13〜14歳が16%。

受け取る金額は、摘発された青少年の37%が11万〜15万ウォンと答えた。

---
厳しく取り締まっても、結局はどこかに抜け穴を探して売買春は無くならないということなのでしょう。

ところで、受け取る金額11万〜15万ウォンということは日本円で、1万1000円〜1万5000円くらい。日本の援助交際の相場って、もう少し高くない?
(だからと言って、韓国に行って女子高生を買うことを推奨しているワケではないので、お間違えなく)
posted by LittleBoy at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) |  トピックス:韓国性売買法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月16日

Poshが脱ぐなら、Naomiも脱ぐ

ベッカム夫人のビクトリアさんがヌードを発表することが話題になったばかりだが、彼女に続いてまたも大物女性がヌードになる。

Panther Naomi Poses Nude for Pirelli」 【Fachhion Gates.com】

「ナオミよ」のTV CMで日本でも有名になったスーパーモデルのナオミ・キャンベルがカレンダーでヌードになる。収益は津波被害にあった子供たちの救援に使われる。

---
そういや、ナオミ・キャンベルが主演していたのもエステのCMでしたね。エステCMに出るくらいスタイルのいい女性は、身体に自身があるからヌードに抵抗がないのでしょうか?

日本の女優さんも、チャリティのためにヌードを発表してくれないかなぁ。


posted by LittleBoy at 23:33| Comment(0) | TrackBack(0) |  トピックス:ヌード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月15日

ちんちん丸出し祭

地球の裏側、ブラジル・リオデジャネイロではカーニバルで盛り上がっていたが、向こうがカーニバルなら、日本には裸祭があるさ!

裸祭というと一般的には、フンドシ一本をキリリと締めた勇ましい男たちがつきものだが、中にはフンドシすらしない本当の裸祭がある。そんな祭の一つがこれ。

黒石寺蘇民祭

岩手県水沢市にある黒石寺(こくせきじ)のお祭りで、裸男たちが、蘇民袋(そみんぶくろ)を奪いあう争奪戦が祭のクライマックスとなっている。

このときの男たちの姿は、一般的にはフンドシ一丁だが、中には全裸男も。かつて、激しい争奪戦のなかでフンドシを引っ張られ内臓に損傷を負うものが出たためで、今はフンドシ着用が推奨されるものの、全裸も暗に認められているそうだ。

祭が行われるのは、旧正月7日の夜から翌日の明け方にかけて。それは、まさに今晩から明朝にかけて。熱き裸男たちの戦いが、寒い東北で繰り広げられている。

より詳しくは、こちらで(写真、ビデオつき)。ダイナミックな写真で、祭の様子が生き生きと伝わってきます。

解説・日本三大奇祭 黒石寺蘇民祭」【旅の写真館 Wa★Daフォトギャラリー】

 ※BGM付のページなので、夜中にこっそり見る場合は予めPCのスピーカーのボリュームを絞っておいた方が無難です。



posted by LittleBoy at 22:52| Comment(0) | TrackBack(0) |  トピックス:ちんちん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ベッカム嫁、ヌードになる

日本では某エステのCMでお馴染みの、デビット・ベッカム夫人=ビクトリア・ベッカムが近く雑誌でヌードを発表するという。

Posh to pose nude” 【This is London】

発表するのは、Tatler という雑誌。

というわけで、あとは原文記事をご覧ください(手抜き)。
posted by LittleBoy at 22:26| Comment(1) | TrackBack(0) |  トピックス:ヌード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ちんちんを大きくする薬、訴えられる

先日も書いたが、「ちんちんを大きくしたい!」というのは男の夢だろう。ある者はシリコン注入をし、またある者は、真空ポンプ式増大器で日々鍛錬に励む

そして、もう一つ、ちんちんを大きくする方法といえば、PENIS ENLARGEMENT PILL(ちんちんを大きくする薬)に頼ることだ。ところで、盛んに怪しげな宣伝を繰り返している、あれらの薬は果たして本当に効くのだろうか?

そんな疑問への一つの解となるかもしれない訴訟がアメリカであった。

Lawsuits Spread in Over Penis Enlargement Claims” 【Reuter.co.uk】

ニュージャージー州に住む男性が、ペニス増大錠のメーカーに対し、誇大広告だとの訴えを起こした。

錠剤は、医師とポルノスターが主演する「非常に説得力がある」インフォマーシャルなどで、ペニスを最大3インチ(7.5cm)大きくするとなどと謳っていた。

---
本当に効果がなかったのか? 法廷で証拠物件として原告のちんちんの鑑定が行われたりして。

◆追記
引用記事の日本語訳がExcite世界びっくりニュースに載りました。
ペニス増強剤の広告はインチキ!? アメリカで法廷闘争」 【Excite世界びっくりニュース】
posted by LittleBoy at 21:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 世界「下ネタ」ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ちんちんケーキ、訴えられる。

以前、ブラジルでちんちんの形をしたお菓子が禁止されたというニュースがあったが、外国では、ジョーク商品として、結構その手の形をしたケーキがある。

ところが、やはり良識派の人たちは眉をひそめているようで……

Baker sued over erotic cakes” 【Ananova】

ベルギーにおいて、バレンタインデー用にエッチな形をしたマジパンを販売していたパン屋さんが、近所に住む女性に訴えられた。そうしたものがショーウィンドーに並んでいるのは、子供にポルノを見せるようなものだ!とお怒りらしい。

---
さて、問題のマジパンはどんなものか。上の記事とは関係ないが、同じくエッチなケーキの話が見つかった。

Ingesting genitalia” 【The UW Daily Online】

記事の中身はさておき(笑)、↓はその記事に添えられた写真。
ちんこケーキ

この写真みたいなのがショーウィンドーに並んでたら訴えられても仕方ないかも。でも、最初のニュースの方は、性器は露出してないようなので、ここまで生々しくは無かったようだ。
posted by LittleBoy at 00:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 世界「下ネタ」ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月14日

ケチャップから出てきたもの

以前、このブログで掲載した「ダビデ君のちんちん(続編)」という記事を書くにあたり、魚肉ソーセージを加工して、ちんちんを作ったことがあった。

あれは元は魚肉ソーセージなので、ケチャップを掛けて美味しく食することもできるが、こちらは何とも食えない話だ。

ケチャップの瓶に人間のペニスが入っていた?」 【なんでも評点】

スウェーデンのある女性が、パンにケチャップを塗ろうとしたところ、瓶の中に異物が入っているのに気づいた。取り出してみると、なんとそれは、どうみても大人のちんちんだった!

現在、警察が異物を分析中。

---
しかし、そんなことって、ありえるか?
だいたい、「人間のものとすれば、大人の標準サイズでしょうか」と女性は語っているらしいが、切り取られていれば、かなり萎むのでは? あ、でもラスプーチンのちんちんは切り取られていても結構でかかったなぁ。

切り取られていても尚、大人の標準サイズってどれくらいだったんだろう? うーむ。続報が待たれます。
posted by LittleBoy at 22:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 世界「下ネタ」ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。