2005年01月31日

窓際オナニーにはご用心

突然に質問。あなたはオナニーをするとき、どこでしますか? ベッドの中?風呂場?それともトイレ? 場所は人それぞれでしょうが、窓際でオナニーをするのは注意した方がいい。思わぬ大変な目にあいかねない。

自宅窓際での『自慰行為』見られ有罪、上訴し無罪に」 【CNN】

幸いにも無罪判決が下りたそうだが、逮捕のいきさつはこんな感じだろうか?・・・

−−−
ある夜、シャワーを浴びてさっぱりした青年が、バスタオルで身体を拭きながらリビングへと出てきた。誰もいない部屋でのこと、誰の視線も気にすることなく全裸でうろうろしていると、ふと昼間出会ったセクシーな美女のことを思い出した。若さゆえか、むくむくを身体の一部が反応してしまった。そして、そのままオナニーをはじめてしまった。徐々に気分が乗ってきた青年は窓際に移動して外を眺めながら、シコシコし始めた。男性なら誰でも経験的に知っているだろう、大自然の中で立小便をするととても爽快なことを。青年は小便じゃなく、アレでその爽快感を味わおうとしていたのだ。

しかし、そんな青年の姿を見ている人物がいたのだ。その人物は40メートルほど離れて向かい合う近所の主婦。居間で娘たちとテレビを見ていたとき、何気なく窓の外を眺めると、向かいの家で何やら男がもぞもぞと動いている。なんだろうと、よーく目を凝らすと、まぁなんということでしょう、男がオナニーをしているではありませんか!

「あなた達、もう遅いから自分の部屋にいって寝なさい!」
「え〜、このドラマが終わってからでいいでしょう? ママ」
「ダメ! 早く行きなさい。それから、カーテンはしっかり閉めるのよ!!」

母親の剣幕に押されて、娘達はしぶしぶ自分達のベッドルームに引き上げた。それを見届けた母親は、旦那を呼び寄せた。

「あなた、ちょっとこっちに来て」
「ん? どうかしたのか?」
「ほら、あれ。あれよ。向かいのお宅の右の窓を見て」

旦那が目を凝らすと、男が何やら怪しげな手つきでリズミカルに手を動かしている。

「う〜む。ここからでは良く見えんなぁ。ベッドルームの方に行こうか。
 あ、ママ、バードウォッチング用に買った双眼鏡があっただろう?
 あれをもって来なさい」

ベッドルームに移動した二人は、代わるがわる双眼鏡を覗いた。

「おお、なんてことだ。あいつは」
「まぁ、すごい。立派だわ」
「ん? ママ、今なんて言った?」
「あ、いえ、なんでもないの…。
 そんなことより、あんな男がご近所に住んでいるなんて許せないわ。警察に電話しなきゃ」

5分後。

青年はクライマックスを迎えようとしていた。
と、そのとき激しく玄関ドアをノックする音が! 慌ててバスタオルを腰に巻いて玄関に向かうと、

「警察だ! 今すぐここを開けろ」

との声。驚いて鍵を開けると、制服の警官達が銃を構えてなだれ込んできた。

「動くな。お前を公然猥褻罪で逮捕する!」

こうして青年は訳もわからぬまま、全裸で逮捕・連行されてしまったのでした。
−−−
※これは、CNNのニュースを元に構成したフィクションです。
posted by LittleBoy at 23:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 世界「下ネタ」ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

恥ずかしい誤解

これまでにも何度かソースとして使わせてもらったなんでも評点に面白い話が載っていた。

僕のラビアにピアスを入れてもらえますか? − ある男性の赤っ恥体験談」【なんでも評点】

ある米国人男性が12歳のとき、眉にピアスを入れようと街に出かけ、言葉に関する無知から大恥をかいたというお話。中途半端に引用するよりは、元記事を読んでもらったほうがいいので、詳しく知りたい方は、上記リンクからどうぞ。

で、この話。もし日本なら・・・。

ある青年が、自分の眉毛が濃いことで悩んでいた。眉が濃すぎて放っておくと左右が一本に繋がってしまうのだ。そんな青年が始めて、ヘアサロンで髪を切ってもらうことにした。それまでは近所の散髪屋さん行っていたのだが、オシャレを気にするような年頃になって店を変えることにしたのだ。ところが、散髪屋さんと違って、ヘアサロンでは顔に剃刀を当ててくれない。いつもなら、事情をよく知った散髪屋のオヤジがいわずとも眉の間を剃ってくれるのだが・・・。そこで、青年は意を決して担当してくれているスタイリストのお姉さんに言った。

「すみません、股間の毛、抜いてもらえますか?」

瞬間に凍りつく店内。青年は気取って難しい言葉を使おうとして「眉間」と「股間」を取り違えたのだった。ちゃんちゃん。

(いまいち面白くないが、お許しを!)
posted by LittleBoy at 21:45| Comment(0) | TrackBack(0) |  トピックス:その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月29日

私のおっぱいに広告を載せませんか?

Tokyo Fuku-blogによると、自分のおでこを広告スペースとして、オークションに掛けた男性が、なんと400万円もの収入を得たという。

おでこをオークションに出した男性、月収400万に!」【Tokyo Fuku-Blog】

しかし、人間の身体にはおでこ以上にもっと適したスペースがある。そう、男性なら必ず目をひきつけられる、あ・そ・こ・・・それは、女性のおっぱい。

先の男性の成功に目を付けたスコットランド人の巨乳女性が、自分の胸を広告スペースとして、eBayでオークションに掛けている。

Woman rents cleavage in eBay auction”【The Register】

eBay

オークションは、この記事を書いている現在進行中で、現在価格は420ポンド(約81,000円)。

ADVERTISE ON MY CLEAVAGE, GLASGOW, FOR 15 DAYS”【eBay(UK)】

オークション終了は、1月31日の14時(日本時間23時)。

今ならまだ間に合う。女性の胸に自分の広告の載せたいひとは急げ!

◆関連記事
オッパイをオークションに出品した女の子

◆続報
おっぱい、£422で落札される。
私の○○に広告を載せませんか?
posted by LittleBoy at 11:15| Comment(0) | TrackBack(3) | 世界「下ネタ」ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

宗教変われば・・・

「ところ変われば、何々」という言い回しがよくあるが、宗教が変わると苦と楽が逆転することもある。

宗教のタブーを悪用、グアンタナモ基地で“性的”尋問」【読売新聞】

米軍基地において、イスラム教徒の収容者男性を取り調べる際、女性取調官が〈背中に自分の胸をこすりつけるなどし〉、また別の男性には〈民間請負会社の女性がミニスカート姿で真夜中に尋問を行った〉という。

厳しい宗教的タブーの中で育った者には、“拷問”的な行為なんだろうが、私なんかこんなことされたら、ウハウハしてつい白状してしまいそう(笑)。
posted by LittleBoy at 10:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 世界「下ネタ」ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月28日

オーダーメードのコンドーム

台湾のメーカーがオーダメードのコンドームを発売するという。

Tailor-made condoms 【Ananova】

コンドームのサイズを間違えたばかりに、大変な目にあった人もいるらしいし、「コンドームのサイズがあってるのは、わずか18%」という話も以前、このBlogで紹介した通り。

とうとうコンドームもオーダメードの時代になったかぁ、と思いつつ記事を読んでいくと、「55の異なったサイズ」「長さを測るカードをダウンロード」・・??どこかで聞いたような記憶が・・・

その台湾の会社のWebを見てみたら、以前に「55段階設定で、あなたにピッタリのコンドーム」で紹介したWebとデザインもそっくりだし、変なジイサンのキャラクターも同じ。どうやら、あれの台湾版のようです。

そのうち、日本にも上陸するかもね。 (ひょっとして、もうある?)

PS.久々の復活です。でも、一瞬の復活です。ごめんなさい。
posted by LittleBoy at 23:43| Comment(2) | TrackBack(0) |  トピックス:コンドーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。