2004年11月13日

「熊ん子」も禁止?

『窮鼠、猫を噛む』とはいうが・・・」では、生きたペットを大人のオモチャ代わりにつかって、酷い目にあった女性の話だが、北欧ノルウェーでは、動物型の大人のオモチャを禁止せよ、という意見が出ている。

Call for ban on animal sex toys” 【Nettavisen】

ノルウェーの動物愛護団体は、動物をかたどった大人のオモチャの販売は、動物を性の対象として見ることに繋がるとして、大人のオモチャメーカーに対して、動物型の大人のオモチャを止めるよう求める手紙を送ったと発表した。

---
日本の大人のオモチャ、電動バイブの草分けは、昭和45年ごろに発売された「熊ん子」だと言われている。これは、本体というかメインの部分は人間の形で、脇に熊の子供がくっついていて、その鼻先がクリを刺激するようになっていた。
ノルウェーでは、これもダメってことか? 今年は、何かとお騒がせのクマだが、こちらのクマも保護が必要か?

少年の銅像がモッコリ?

アメリカのとある町に建てられた少年の銅像が、とんだことで話題をさらっている。

Unreal gawks at a prominent piece of public art” 【River Front Times】

セントルイスのドッグタウンに、町の名前にちなんで、犬を連れた少年の銅像が建てられた。この銅像、ありふれた人畜無害な感じのものだが、見る角度を変えるとすごいことが起きる。

像の横に回ってみると、なんと、少年の股間がモッコリ! ズボンの前を大きく膨らませて、ちんちんが勃起するというのだ。

実は、少年の脇にいる犬の鼻の部分が丁度、少年の股間の高さにあり、それが少年の股間に重なって見えるためだ(リンク先の写真参照)。

近所の子供たちにとって、このことを見る人に教えることが大きな楽しみになっている。

---
もっこり、ビックリ、理由がわかってスッキリ。
posted by LittleBoy at 18:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 世界「下ネタ」ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

幼児プレイも場所と方法をわきまえて

世の中には、様々なフェチがいて、幼児プレイなんかもその一つだが、プレイするには、ちゃんと方法をわきまえないといけない。このほど、アメリカでとんでもない方法で幼児プレイに走った男が逮捕された。

知的障害のふりをして女性介護者を揉みしだいた男」 【Tokyo Fuku-blog】

逮捕された、ウィリアム・マックロー容疑者(38)は、母親名義で自宅介護者募集の広告をうち、自ら「2、3歳程度の知能をもつ男性」を演じて、雇った女性介護者からオムツ交換などの介護を受けた。さらには、そのさなか、女性介護者のオッパイを揉みしだいたという。

被害を受けた女性は、マックロー容疑者を告訴し、その告訴状では、「何時間か介護の後被告が40代の男性のような振る舞いをしたので、原告は気が動転し心に大きな傷を受けた」と被害の様子を訴えている。

---
それにしても、「40代の男性のような振る舞いをした(did act as a 40-year-old man)」って、40代男性に失礼なんじゃない? この男、実年齢38歳なのに、わざわざ「40代のような」とたとえるなんて、それじゃ何かい?40代の男はみんな女性の乳みたら、揉むんかい?! いや、揉まないとは言わないが…。

ともかく、幼児プレイは、イメクラかどこかで楽しみましょう。
posted by LittleBoy at 17:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 世界「下ネタ」ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

大統領選への意見のつもりが・・・

「もしもし、わしゃ、ブッシュ(茂み)が嫌いなんじゃが」
「ということは、パイパンをご希望ということですね? いい娘がいますよ」

なんて、電話での会話が交わされたかどうかは定かでないが、米大統領選において注目の州であったフロリダで、アッと驚くミスが発生した。

大統領選の私見専用電話、『性風俗』店に直結――米紙 」 【CNN】

フロリダの新聞社が、大統領選についての意見受付用として紙面に掲載した電話番号が誤っており、よりによって、風俗店につながる番号だったという騒動がおきた。

具体的に、どれくらいの間違い電話があったかは、記事では明らかにされていない。
posted by LittleBoy at 16:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 世界「下ネタ」ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。