2004年11月04日

会社の危機を救うために“自家発電”にがんばる男性社員

なかなか景気回復しないなか、倒産の危機に瀕する会社も多い。そんな中、ルーマニアのある自動車メーカーが、会社の危機を救うべく“自家発電”に頑張っているらしい。といっても、電気代を節約するために、みんなでペダルをこいで発電機を回しているという話ではない。

禁欲して“一発32ドル” - 倒産寸前の会社を救うために《けなげさ7》 【なんでも評点】

なんと、彼らが考え出した会社救済方法とは、工場の近くの精子バンクに自分達の精液を売ることだという。その精子バンクでは、1発あたり32ドルで買い取ってくれるそうで、1000人の男性社員が2〜3ヶ月にわたり定期的に精子を提供すると、負債返済の目処が立つらしい。

こうなると、あながち、精液も捨てたものじゃないな。

---
ところで、ちょっと興味をもって調べてみたら、日本の某精子バンクでは、「一度の精子取り出しにつき、報酬として3万円」支払ってくれるそうだ(この精子の“取り出し”という表現がなんともおかしい)。上の記事の約10倍の値段がついている。ちょっと驚いた。

でも、素朴な疑問として、同じ男の精子を、何回も買ってくれるんだろうか? 精液にだって、人気・不人気があるだろうし、たいした取り得のない一般庶民のは、何回も買い上げてくれないのでは??
posted by LittleBoy at 21:13| Comment(0) | TrackBack(1) | 世界「下ネタ」ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

女性がメロメロになる薬、まもなく解禁

テレビではしきりに、外人女性が快感に酔いしれるハーブ入りシャンプーの広告が流れているが、近い将来、イギリスにおいて、女性たちがハーブの香りに身悶えする日がくるかもしれない。

Love pill for women” 【Ananova】
Horny goat weed spells passion for women” 【Daily Telegraph】

イギリスにおいて、女性用の媚薬がまもなく利用可能になるという。

Femi-Xというこの薬は、デンマークの企業がイギリスのハーブの専門家の助けを借りて開発したもので、女性の満足感を高め、感度をアップする効果があるという。また、血行を良くし、バイアグラに似た働きもする。

ただし、全ての人に利くわけではない。その気のない人には利かないらしい。

---
利くも利かぬもその人次第。信じる者は救われる、ということか?
posted by LittleBoy at 20:27| Comment(0) | TrackBack(1) |  トピックス:媚薬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。